リウマチ科

関節リウマチは、すでに不治の病ではなくなっています

関節リウマチは、すでに不治の病ではなくなっています近年になって生物学的製剤が登場したことで、関節リウマチは進行を止めることや、完全に治癒(臨床的寛解)させることが可能な病気になっています。現在は痛みの解消、関節変形の予防が期待できる治療が行えるため、これまでと同じようにお仕事や趣味を続けていくことも望めます。早期の適切な治療が重要ですので、早めにご相談ください。

関節リウマチとは

関節・腱周囲の滑膜組織に炎症が起こり、腫れや痛みを生じる疾患です。進行すると関節が変形し、正常な機能が損なわれてしまう可能性があります。指、手首、肘、肩、膝、足首、足の指などに起こります。
現在、日本人の100万人以上が関節リウマチとして治療を受けており、30~50歳代の女性に多い傾向があります。

当院の関節リウマチ診療

早期発見・早期治療を重視した診療を行っています。薬物治療を基本とし、メソトレキサート(リウマトレックス)や抗リウマチ薬(DMARDS)での進行予防を基本に、疼痛に対しては、非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)の内服や外用、副腎皮質ステロイドの内服や関節内注射、ヒアルロン酸の関節内注射を並行して行っています。寛解状態が得られなければ、最新の生物学的製剤を使った治療も行っています。

関節リウマチの症状について

初期症状

倦怠感、食欲不振、体重減少、微熱
関節痛以外の症状が最初に現れるケースが多いため、上記のような症状があったら関節リウマチを専門的にみている整形外科にご相談ください。こうした早期に適切な治療を開始できれば、ほとんど症状なく完治も可能です。

痛みなどが起こり始めた際の主な症状

  • 起床時に手足がこわばる
  • 手指の関節が痛い、腫れている
  • 手首が痛い、腫れている

片手だけに起こる場合もありますが、両手に症状が現れるケースもあります。

症状が起きやすい場所

  • 手関節
  • 手の指の付け根にある中手指節関節
  • 指先から2番目にある近位指節関節
TEL:03-3527-2668問診票ダウンロード
一番上に戻る
求人情報