整形外科

整形外科とは

人が自分の身体を自由に動かすことができるのは「運動器」の働きによるものです。「運動器」とは、骨格(骨・関節)を筋肉・腱・靭帯が支え、それをコントロールする神経系で構成されます。骨・関節・筋肉・神経は密接に連携して働いており、どれかひとつが悪くても身体は上手く動きません。人は運動器を介する身体活動・行動によって、自己の存在を証明し、尊厳を保持しています。
整形外科はその運動器の疾患に対する診断治療を行いますが、背骨と脊髄を扱う「脊椎外科」、上肢を扱う「手の外科」「肩関節外科」、下肢の「股関節外科」「膝関節外科」と「足の外科」、スポーツによるけがや障害を扱う「スポーツ医学」、「リウマチ外科」、腫瘍(できもの)を扱う「骨・軟部腫瘍外科」、骨粗鬆症などを扱う「骨代謝外来」と多数の専門分野があります。
患者様はこどもから高齢者、スポーツ愛好家まで年齢性別を問いません。
当院では、あらゆる運動器疾患とその患者様を診療いたします。

部位別にみた整形外科の代表的な疾患

首(頸椎) 頚椎椎間板ヘルニア、頚椎後縦靭帯骨化症、胸郭出口症候群、頚椎捻挫(むち打ち症)、寝違え
肩こり、五十肩・四十肩(肩関節周囲炎)、石灰性腱炎、腱板損傷
テニス肘(上腕骨外側上顆炎)、上腕骨内側上顆炎、肘部管症候群(尺骨神経障害)、野球肘(離断性骨軟骨炎・内側側副靭帯損傷)、肘内障
手指・手首 手指変形性関節症(へバーデン結節・ブシャール結節)、腱鞘炎(ばね指)、突き指(マレット変形)、爪周囲炎、グロムス腫瘍、デュピュイトラン拘縮、手根管症候群、母指CM関節症、ドゥケルバン腱鞘炎、TFCC損傷、尺骨突き上げ症候群、舟状骨骨折偽関節、有鈎骨鈎骨折偽関節
腰と背中 急性腰痛症(ぎっくり腰)、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離・すべり症、変形性腰椎症、脊椎圧迫骨折(骨粗鬆症)、側弯症
股関節 変形性股関節症、股関節臼蓋形成不全、特発性大腿骨頭壊死症、股関節外側滑液袋炎、関節唇損傷、そけい部痛症候群(グロインペイン)、単純性股関節炎
半月板損傷、前十字・後十字靭帯損傷、内側・外側側副靭帯損傷、腸脛靭帯症候群、鵞足炎、変形性膝関節症、オスグッド病、離断性骨軟骨炎
ふくらはぎとすね 肉離れ、シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)
足首 外側靭帯損傷、足底筋膜炎、アキレス腱付着部炎、足根洞症候群、足根管症候群、腓骨筋腱脱臼、、距骨離断性骨軟骨炎
足・足指 足底筋膜炎、偏平足、外脛骨障害、外反母趾、巻き爪・陥入爪、痛風
TEL:03-3527-2668問診票ダウンロード
一番上に戻る
求人情報