クリニック紹介

施設

リハビリテーション施設

各運動器・患者個々にあわせた運動機能評価・リハビリテーションプランの立案をし、実施計画に基づいたリハビリテーションを行っております。

  • リハビリ占有面積63㎡
    リハビリテーション施設

    リハビリテーション施設

    リハビリテーション施設

    リハビリテーション施設

    リハビリテーション施設

    リハビリテーション施設

  • 運動治療器具
    有酸素運動(エルゴバイク、ニューステップ)
    エルゴバイク

    エルゴバイク

    ニューステップ

    ニューステップ

    ホグレル(ディッピング,ネバータイトハム)など各種トレーニング マシン
    ディッピング

    ディッピング

    ネバータイトハム

    ネバータイトハム

  • 物理治療器
    超音波治療器、SSP・低周波治療器、ホットパック
    超音波治療器

    超音波治療器

    SSP

    SSP

    ホットパック

    ホットパック

外科処置室

上肢におこる疾患(手根管症候群や肘部管症候群などの神経の病気、ばね指やテニス肘などの腱鞘炎)に対する日帰り手術を、日本手外科学会認定医である院長が局所・伝達麻酔下で安全に行います。

設備

透視機能付きデジタルレントゲン撮影装置

コンピュータでX線画像を処理する装置です。通常より少ないX線量で細かなところまで鮮明に見ることができます。
また、透視機能付きであるため、患部の画像を動画でモニターに映し出すことができます。
関節造影による靭帯損傷の診断や、坐骨神経痛に対する神経根ブロック・骨折および脱臼の整復など、治療に役立ちます。

透視機能付きレントゲン撮影装置

透視機能付きレントゲン撮影装置

骨塩定量器

骨粗鬆症の診断に不可欠です。
DEXA法という精密な方法で、骨折の起こりやすい橈骨の骨量を測定します。

骨塩定量器

骨塩定量器

筋電図検査器

手外科疾患の診断には必須の“筋電図検査装置”。当院では筋電図検査装置を完備しております。筋電図検査は、手足の痺れと痛みや、筋力低下の原因を調べるために行います。主に障害を起こしている神経の部位やその程度を明らかにします。手根管症候群、肘部管症候群、頚椎症性脊髄症などの診断に有用です。

筋電図検査器

筋電図検査器

初診の方へ

あらかじめ問診票に記入したものをお持ちいただくと、スムーズに受付ができますのでご利用下さい。

問診票ダウンロード
スタッフ募集

お問合せ

03-3527-2668

診療時間のご案内

 
午前 08:45~12:30
午後 15:00~18:30

土曜日は8:45 ~ 13:30
診療受付は30分前に終了させていただきますので、ご了承ください。
休診日 土曜午後・日曜・祝日

アクセスマップ

地図

JR 総武線「馬喰町駅」1 番出口より徒歩1分
都営新宿線「馬喰横山駅」A2 番出口より徒歩2分
都営浅草線「東日本橋駅」A2 番出口より徒歩2分
東京メトロ日比谷線「小伝馬町駅」1 番出口より徒歩5分